通販で買えるリポドリン、こんな成分でできてます!

\90秒で注文完了/リポドリンの購入はこちら
わたしのダイエットを見事成功に導いてくれたリポドリン。太っている頃のわたしを知っている友達には、今の体型で会うとかなりビックリされます。

そのたびにリポドリンの名前を出して説明するのですが「ほんとに効果あるの?」とか「ちゃんとしたサプリなの?」とか「ストレスで痩せたんじゃないの?」とか、大体いろんな人に疑われてしまいます。気持ちはわかりますけどね(笑)

そう言われても、きっとわたし1人の力じゃこんなに痩せることはできなかっただろうし、絶対にリポドリンのパワーに救われて痩せられたと思うんです。

だから、リポドリンがこんなに効果のあるサプリだってことをもっといろんな人に知ってほしいな~。

…と思ったので、リポドリンに使われたいくつかの成分について調べてみました。

これで、わたしがリポドリンでダイエットを成功できた理由もハッキリするんじゃないでしょうか!?

成分1 エフェドラ

エフェドラの画像エフェドラには咳を抑えたり気管支を拡げたり、体温を下げたりする力があります。

なので、喘息を抑えるために役立てられる成分だそうです。麻黄ともよばれて、漢方薬に使われることもあるのだとか。

そしてなんと、脂肪を燃焼するというすごい力を持っています。ダイエットの時に働いた効果は、これだったんでしょうね。

成分2 アカシア

アカシアの画像
アカシアはアカシアサプリメントが作られているぐらい、高い効果を持っている成分です。

ダイエットに効くというポリフェノールがたくさん含まれています。

ポリフェノールってよく聞く機会はあるけど、具体的にどんな効果を持っているのかというと、肌をきれいにしたり脂肪をよく分解するように働きかけてくれたり、いろんな効果を見せてくれる成分なんです。

ほかにも、糖分の吸収を抑えてくれたり…ダイエットにポリフェノールは欠かせないんですね。

さらに、便秘解消にも効くんだとか。

成分3 テオブロミン

カカオの画像テオブロミンは、カカオ豆から摂れる物質です。

カカオ豆といえばチョコレートですが、チョコレートの苦味成分がテオブロミンなんだそうです。苦いチョコレートにはテオブロミンが多めに使われているということですね。

テオブロミンは血管を拡げたり、体温を上げたり、食欲を抑える効果を持っています。

わたしは今までいろんなダイエット方法を試してきましたが、その中にチョコレートダイエットという方法があったのを思い出しました(汗)

その時は思うように効果が出なくてすぐ止めたんですが、もしかしてテオブロミンが多めに入った苦いチョコレートじゃないとダメだったのかも…!?

成分4 カフェイン

コーヒー豆の画像言わずとしれたカフェインは、内臓の脂肪を減らしてくれるということでメタボリック対策にとっても効くんです!

なんでも、カフェインにも脂肪燃焼の効果があるんだとか。

カフェインといえばコーヒーというイメージですが、コーヒーを飲むとトイレが近くなることってありませんか?

あれはカフェインの利尿作用が関係しているようです。体の老廃物を外に出してくれるという意味では、利尿作用もダイエットに効果的だったのかも…?

成分5 カテキン

カテキンのイメージカテキンは、日本に住んでいると何度も見かける機会があるんじゃないでしょうか?なんといってもお茶、特に緑茶とか日本茶にはたくさん含まれてる成分ですよね。

カテキンを含んだ日本茶はほとんどがノンカロリーなので、ダイエット中でも安心してガブガブ飲めるやさしい飲み物です。

テキンダイエットなんていうダイエットも流行ったぐらい、カテキンには痩せるための効能が充実してるんです。

気になる主な効能は、ブドウ糖の吸収を落ち着けて肥満を防止してくれるという素晴らしいもの。

カテキンがリポドリンに入ってるのはちょっとびっくりでしたが、カテキンはわりとダイエットサプリに使われていることが多いみたいです。

リポドリンの購入はこちら